オススメのピックアップ記事

【2人目の出産】歳の差は何歳がベストなの?

子供を2人以上欲しい家庭にとって、

2人目の出産は、上の子との歳の差はどれくらいがいいのでしょうか。

家庭環境や経済面、両親の年齢によって様々だとは思いますが、

2人目の出産を考えておられるご家庭に、

それぞれの歳の差のメリットやデメリットをご説明したと思います。

 

兄弟、姉妹の歳の差は何歳がいい?

兄弟姉妹の歳の差は学年で考えて2歳差がおすすめとよく聞きますよね。

ただ、下の子が生まれる時に上の子が2歳くらいだとイヤイヤ期になり、

手のかかる年頃になってしまいます。

それでも2歳差が良いと言われる所以は育児を長期的に考えた場合、

ある程度の年頃になると、兄弟姉妹がお互いの良き理解者になってくれます。

また、学費おいても1年の余裕が持てますので、経済的にも良いということです。

小さい頃はお世話が大変になりますが、その大変な時期も短期間で終わります。

 

1歳差のメリットとデメリット

メリットは、まだ上の子が活発ではないので、

妊娠中でも室内で大人しく遊んで満足してくれる。

上の子が下の子にママをとられてしまうという意識が低く、

赤ちゃん返りがしにくい。

デメリットは、妊娠中に上の子を抱っこすることが難しい。

出産後にイヤイヤ期に入るので世話が大変になる。

育児グッズが上の子、下の子の2人分必要になる場合がある。

 

2歳差のメリットとデメリット

メリットは男女の場合、七五三が一緒にできる。

上の子が3歳くらいになると自分でできることが多いので、

下の子の世話がしやすい。

学校の卒入が重ならない。

デメリットは、妊娠中にイヤイヤ期に入るので大変。

ママに構って欲しい時に下の子に集中しすぎると

赤ちゃん返りするケースが多い。

上の子と下の子のお世話がそれぞれあり大変。

 

3歳差のメリットとデメリット

メリットは小学校では上の子が下の子をフォローしてくれる。

受験、進学が同じ時期なので一緒に受験に集中できる。

デメリットは、卒入がかぶる。

洋服代や入学金などの出費が重なり経済的に痛い。

イベントがかぶることが多い。

 

4歳差のメリットとデメリット

メリットは、上の子は身の回りのことも自分でできるようになるので、

下の子のお世話に集中できる。

面倒をみてくれるようになり、喧嘩になりにくい。

卒入がかぶらないので、適切に対応できる。

デメリットは、育児期間が長くなるので

なかなか自分の時間が持てない。

保育園、幼稚園の時期が被らないので割引を受けられない。

趣味の対象が異なるため、一緒に楽しめるものが少なくなる。

 

いかがでしたでしょうか。

今回は1歳から4歳までの歳の差兄弟、姉妹のメリットとデメリットを

ご紹介しました。

ただ、妊娠は本当に授かりものなので理想通りにはいかないものです。

過度に期待はしない方が良いでしょう。

ただ、ある程度は計画性を持つことで育児や経済的にも余裕が持てますよ!

 

この記事が気に入ったらシェアしよう!

LINE B!はてブ

関連記事

  1. 11093C024-1

    《育児の悩みTOP3》先輩ママに聞くストレス解消法!

  2. 【モテる主婦】既婚者で夫がいても、子供がいてもモテる主婦とは?

【出産祝い人気1位】

【結婚祝い人気1位】



最近の記事

Pick up

  1. 誰でも簡単に運気を上げる方法
  2. 子供を医学部受験に合格させる方法とは
  3. 【大阪】高校生におすすめの学習塾まとめ!
  4. 内祝い送るタイミングと届け方
  5. ネット上の情報を活用して内祝いを選んでみる!
  6. 後悔しない結婚式場選びとは!一生に一度の結婚式のた…
  7. 宗教の違いで両家がもめる?結婚式にありがちなトラブ…
  8. 幸せってなに!?女性にとって結婚とは…
  9. 結婚式を挙げる前に知ってほしい4つのモラル
  10. 生活雑貨などを内祝いに贈ろうと考えている方へ

ribon-sekken

ribon-sakurahude



人気記事

京都二葉葵

子育て相談

PAGE TOP