オススメのピックアップ記事

子供を医学部受験に合格させる方法とは

最近、医学部受験が今までにないほどブームになっています。

日本の経済状況は決して景気回復しているとは言えない中、今までのように「東大を卒業すれば年収1000万円になれる」とは限らない時代になっています。

そんな中、やはり「医師」は年収1000万円になれる資格であることはほぼ間違いないのではないでしょうか。

しかも親として気になる学費も国公立の大学は全学部同額ですから6年間の学費の総額は約350万円、年間で計算すると58万円とお得感があります。

私立の医学部になると少なくても2000万円以上は必要となりますが。

ここ10年、医学部の定員も増えていることをご存知でしょうか。

最近は定員が1700人以上増えており、受験生も急増しているので医学部入試の偏差値は上昇している一方「地方の国公立大医学部=東大・京大の非医学部」となりました。

これはセンター試験の得点率が85%以上で一科目でも取りこぼせばアウトという厳しい水準になります。

さらに首都圏の国公立の医学部になるとセンター試験の得点率は90%以上が求められるという超難関になっています。

現在の地方の医師不足を受けて、地方にある国公立の医学部は卒業後に地域の病院において臨床研修義務のある地域枠も増やしています。

札幌医科大学が2018年には定員110名のうち90名を地域枠にあてるなどしており、首都圏からの一般学生が受験可能な地方医大定員は減る一方になっています。

つまり地元に住んでいる受験生にとっては首都圏の私立の医学部と併願することができる経済的に余裕のある家庭の受験生が少なくなる分、少しは合格しやすくなっているとも言えるのではないでしょうか。

 

医学部受験は金持ちの特権ではなくなった?

 

私立大学の医学部といえば「学費の総額が5000万円」「開業医の後継でないと不可能」というイメージもあります。

しかし、最近ではこの考えは古い考えとなっております。

現在の私立大学の医学部の学費は全体的に低下しており、医師不足や地方医師不足の医師偏在の対策として、地域枠や専攻科限定の奨学金が増えているのをご存知でしょうか。

そのほかにも銀行の教育ローンも医学部限定の高額貸与コースなどもあります。

有名な医大が独自に成績優秀な学生を特待生として囲い込むような動きも出ています。

それによってこれらの手段を上手に組み合わせることで世帯年収が600万円ほどの一般的な家庭から学費の安い国公立の医学部への進学はもちろん、私立大学の医学部への進学も可能になってきています。

 

igakubu5-headline

 

学費は1850万円から4550万円

 

すでにご紹介したように国公立の医学部の場合、学費は6年で350万円と非常にリーズナブルです。

中には安いどころか学費がかからない大学も存在していることをご存知でしょうか。

その大学とは、埼玉県所沢市にある防衛医科大学です。

学費はタダ、タダどころか給料や賞与までもあります。

つまり親としては仕送りもなしで卒業可能というとてもありがたい大学です。

ただし、基本的には軍医養成校のため、在学中にはパラシュート降下や野営などの訓練もあります。

さらに卒業後は9年間の自衛隊勤務が必須となっており、違反した場合には最大5000万円を変換しなければいけません。

ほかにも学費がかからないのが栃木県下野市にある自治医科大学です。

卒業後、受験生の出身都道府県の公立病院などに9年間勤務した場合に変換が免除されます。

一方で私立大学の医学部は学費と偏差値が反比例しています。

偏差値の高い大学は学費が安く、偏差値が低い大学の学費は高額となっています。

ここ10年では学費を大幅に下げており、同時に入試ランキングを上げた大学が増えました。

これは受験生が殺到し、倍率が上昇した結果です。

学費を下げた例としては、東京都文京区にある順天堂大学が3050万円から2113万円とし、東京都板橋区にある帝京大学は4920万円から3750万円まで下げました。

両校とも、入試偏差値と医師国家試験合格率の上昇を示しました。

そして2017年に開校した千葉県成田市になる国際医療福祉大学は私立大学医学部の最安値である1850万円の学費で「私立大学医学部の価格破壊」として大きな注目と人気を集めることになりました。

そのため、開校初年度にも関わらず早稲田や慶應義塾の理工学部レベルの高い偏差値を示しました。

こうした流れを受けて2018年の受験では名門である東京都文京区の日本医科大学も学費の大幅な値下げを予定されています。

現在で日本で一番高い学費の岡山県倉敷市にある川崎医科大学は4550万円。

学費が高いと偏差値は低いですが、だからといって当然簡単に合格できるわけではありません。

早慶の非医学部レベルの難易度であることは覚悟しておきましょう。

 

特待生は1000万円以上お得に!?

 

医学部進学の目的は当然医師免許の取得です。

医師国家試験の合格率は公表されており、各医学部のイメージに当然直結することになります。

そのため、各大学は特待生制度を設けており、安めの学費で少数の優秀な学生を集め、入学者のコアメンバーとして国家試験対策のキーパーソンにしようとしています。

例えば学費が安い1850万円の国際医療福祉大学では、特待生に選ばれると1140万円値引きの710万円になります。

同様の特待生制度は多くの大学に存在しているので大学のホームページなどでも公開されています。

 

「地域枠」「専攻限定枠」は狙い目!!

 

最近の医師不足や医師偏在対策として、卒業後に勤務する地域や診療科を限定する奨学金も増えています。

順天堂大学では東京都と共同で「東京都枠」というものがあります。

これは「学費全額+生活費月10万円」を貸与し、条件として「9年間、東京都の指定する病院で産科、救急、離島医療などに従事すること」で返済が免除されるという大変お得な制度です。

この東京都枠は順天堂が医学以外にも、東京慈恵会医科大学や杏林大学にもあります。

また、慶應大学には研究医向けに200万円の奨学金制度を設けています。

東北医科薬科大学は定員110名のうち55名は地域枠であり、最大3000万円の奨学金が貸与されます。

他にも北里大学の相模原市枠のように定員が1、2名だけの枠もありますので各大学のホームページなどで情報収集することをオススメします。

 

地方自治体や病院の奨学金も必ずチェック

 

医師不足は深刻化しており、地方自治体が医学生に向けて独自に設けている奨学金性も増えています。

月額15万円〜30万円程度で、給付期間の1.5倍を指定地域で勤務すると返済免除というものが多いです。

その他にも病院が独自で奨学金を出しており、日本最大の徳洲会では「月額15万円、貸与期間の3分の2の勤務で返済免除」という制度があります。

徳洲会は救急や離島医療に力を入れており、そのような分野に興味のある学生にはオススメです。

 

教育ローンもいろいろ

 

特待生や奨学金を得られなかった場合でも、貸与型奨学金や教育ローンなどの「借金して進学する」という方法もあります。

ひとつは「日本学生支援機構(JASSO)」の貸与型奨学金は年収600万円世帯の場合は高校時代に一定の成績を収めれば「最大月額6.4万円」の無利子の貸与奨学金が利用できます。

さらに医大生ならば「月額16万円」の有利子の奨学金も併用することができます。

6年間で最大1613万円借りることができます。

「日本政策金融公庫」では最大350万円までの借り入れが可能でJASSOとの併用も可能です。

国際医療福祉大学、順天堂大学、慶應大学、日本医科大学などの割安大学ならば、JASSOと日本政策金融公庫で学費のほとんどを賄うことができます。

「銀行ローン」も選択肢としてあります。

学費が4000万円かかっても年収1000万円以上が30年以上続けば返済可能という計算は金融のプロの銀行員であれば簡単に思いつきます。

医学部限定、上限3000万円まで、という教育ローンはすでに多くの銀行から提供されており、親が公務員などの安定した職業の場合や、不動産を担保にすることができれば学費の捻出も可能です。

私立大学医学部の偏差値急上昇の原因は、一般家庭出身者の私立大学医学部受験への参入もひとつとしてあります。

少子化によって、ひとりっ子が急増しており、親族の財産を集めれば学費を捻出するケースも多いです。

 

医師になれば借金返済は余裕

 

ここまで読まれて、医学部卒業までに3000万円の借金をつくるなんて本当に大丈夫なのか??と思った保護者の方も多いと思います。

しかし、本人の強い意思と健康な身体さえあれば不可能ではありません。

産科、外科、救急などの多忙な分野や、地方医療などで「当直月10回」を覚悟することができれば30歳で年収2000万円だって可能な時代です。

麻酔科などの技術があればフリーランス契約で3連休で月収40万円だって可能です。

医学部卒業後5〜10年で完済をするのは十分現実的な計画と思います。

もちろんキツい仕事で、技術も必要、さらに睡眠不足になるので体力も必要ですが、その分報酬が多いのは間違いありません。

 

医学部受験は情報戦

 

医学部受験は情報戦です。

各医学部の定員は80〜140名ともともと少ないうえに、推薦入学や、AO入試、一般受験、地域枠など複数の入試があり、その仕組みは毎年変更されています。

受験生がネットで情報収集するとなると受験勉強不足にもなってしまいます。

やはりそこは保護者が変わって情報収集をしたり、資料請求をしたり、実際に進学塾などに問い合わせて受験について相談をするなどの努力が必要です。

最近では、AO入試専門の塾や、医学部専門の予備校なども多くありますので、まずはそのような塾や予備校に相談することをおすすめします。

相談などは当然無料でできますのでまずは相談から。

 

side-donnna

この記事が気に入ったらシェアしよう!

LINE B!はてブ

関連記事

  1. 【大阪】高校生におすすめの学習塾まとめ!

【出産祝い人気1位】

【結婚祝い人気1位】



最近の記事

Pick up

  1. 誰でも簡単に運気を上げる方法
  2. 子供を医学部受験に合格させる方法とは
  3. 【大阪】高校生におすすめの学習塾まとめ!
  4. 内祝い送るタイミングと届け方
  5. ネット上の情報を活用して内祝いを選んでみる!
  6. 後悔しない結婚式場選びとは!一生に一度の結婚式のた…
  7. 宗教の違いで両家がもめる?結婚式にありがちなトラブ…
  8. 幸せってなに!?女性にとって結婚とは…
  9. 結婚式を挙げる前に知ってほしい4つのモラル
  10. 生活雑貨などを内祝いに贈ろうと考えている方へ

ribon-sekken

ribon-sakurahude



人気記事

京都二葉葵

子育て相談

PAGE TOP