オススメのピックアップ記事

幸せってなに!?女性にとって結婚とは…

縦社会に生きる女性たち

今や女性がどの職場にいてもおかしくない時代、女性も働きに出るのはおかしくないが毎日ただ仕事中心の生活だけでは息が詰まってくるものです。女性の生き方として愛する方との挙式を挙げて愛する人に尽くす生き方もあればキャリアウーマンとして生きて結婚を望まない方も居る事は事実です。働き続けて周囲からお局扱いされて辞めて婚活したっていいお相手を探しにくいものです、だから仕事も大事ですが「愛する方とのせいかつ」を望むには若いうちに結婚をした方が有利なのです。成人の女性の生き方は大きく二つに分かれ、縦社会で生き残る覚悟があるかないかでそれぞれの人生も変化します。いい噂ではないですが結婚しない独居の女性の部屋は汚い傾向にあると言われています。料理や洗濯も毎日行うことはしない、油料理をしない代わりにコンビニエンスストアで買った食材のごみが溜まっていたり、結婚に無縁な人たちの生活の実情は一部分は悲惨なのです。

夫婦に形があるように結婚式にも個性がある

Two women looking at the tablet in the office of the window

縦社会に縛られながら生きる女性もいれば恋を楽しみいずれは結婚式を迎えたいと思う女性たちもいます。婚活と言う言葉が流行る裏側では恋を成就させる為に苦労する女性の姿があったのです、婚活は今や若い人だけのものではありません。

年代別で婚活は行われ参加者の中には一度離婚歴がある方などが参加せれる事は今や珍しくはなく、意気投合し合えば恋をさせるために必死になります。

恋や夫婦の形があるように二人の個性が結婚式の形も変わるのです、一度はやってみたい神社での神社婚厳かな空気を感じられることで有名です。

神様に見守られながら行う結婚式はまた格別だと思います、どのような結婚式も随分だから枠にはめた考えもいいですが費用も掛かります。

二人の考えがしっかりされているならば低価格で挙式を挙げることも可能でしょう。個性的な挙式を挙げるコツは昔のアルバムの写真を切り取り動画を作る事が出来れば式の空気も絶対に高まるはずですよ。

一概に言えない女の幸せ

結婚だけが幸せじゃない

今から30年前なら女性は男と結婚して「女は家庭を守るもの」と勝手に位置付けられた時代もありました。昔は選択の余地はなく、家事育児と忙しく右往左往して働いていた姿は今の世界は考えられないと思います。

一方で、現代の女性は自立した未来を自分で見つけ生きる事ができるようになってきた反面で、そうすると独身の男性の多くが中高年期に味わうような孤独との戦いに挑まなくてはならなくなったのです。

「女性は結婚をする事が幸せなのか?」このように聞かれても答えは出ないのです。誰にも女性の幸せを推し量る事が出来ません。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

LINE B!はてブ

関連記事

  1. 結婚にはいくら必要?結婚前に知っておきたいお金のこと

  2. 京都の和婚が大人気!!その理由とは?【結婚式】

  3. マリッジブルーになる5つの理由

  4. 【結婚したい女性必見】男性はどんな時に結婚したいと思うのか?【10選】

  5. 【ご両親に結婚の挨拶】正式に結婚の許しを得る!

  6. 結婚祝いの贈り物に大人気の化粧筆や高級石鹸について

  7. 【結婚する?】結婚前にカップルがすべきこと5つのこと

  8. 親に結婚の意思を報告する時のポイント

  9. 【ご両親に結婚の挨拶】訪問時に守りたいマナー

【出産祝い人気1位】

【結婚祝い人気1位】



最近の記事

Pick up

  1. 誰でも簡単に運気を上げる方法
  2. 子供を医学部受験に合格させる方法とは
  3. 【大阪】高校生におすすめの学習塾まとめ!
  4. 内祝い送るタイミングと届け方
  5. ネット上の情報を活用して内祝いを選んでみる!
  6. 後悔しない結婚式場選びとは!一生に一度の結婚式のた…
  7. 宗教の違いで両家がもめる?結婚式にありがちなトラブ…
  8. 幸せってなに!?女性にとって結婚とは…
  9. 結婚式を挙げる前に知ってほしい4つのモラル
  10. 生活雑貨などを内祝いに贈ろうと考えている方へ

ribon-sekken

ribon-sakurahude



人気記事

京都二葉葵

子育て相談

PAGE TOP