オススメのピックアップ記事

宗教の違いで両家がもめる?結婚式にありがちなトラブル

すべては姑の一言から始まった

これから結婚をしようと思われる皆様には聞いてほしい話です、結婚して避けられないのが相手側の州都や姑との付き合い自由奔放な生き方をする若い結婚前提で付き合う恋人と物を決めてかかって判断する姑との付き合いが鍵となります。

友人の話ですが結婚する事には両家が賛成するも「結婚式の形で見事にぶつかり合った事で今では蟠りもさっぱりしたと言う友人ですが当時は本気で悩んだそうです、彼氏に愚痴は言えないし親にも言えないマリッジブルーなのです。

姑がある日、結婚式場について話し合った事がきっかけで初めて義理が入っての会話「この場を乗り越えていかないといけない」と覚悟しました。

「結婚式はやっぱり叔父さんがいるあの社で神社婚だ」この姑の一言で空気が重くなったのである。

致命的な意見の不一致が生じた。父が「お義母さんこちらも人気があるチャペルがある教会はどうかと結婚するこの二人を連れて行ったばっかりでして随分喜んでいましたよ」と笑顔で言うがお義母さんは笑み一つ見せずに黙り込んだのである。

嫁に出すという事

宗教の違いで揉める結婚式

神社婚に拘るお義母さんとキリスト教を信じ教会に足蹴なく通った私たち親子、結婚とはブラックコーヒーにミルクを入れるようなもの全く性質が違う二つの家族が一つになろうとしている。

「嫁に出すのだから向こうのお義母さんの話に合わせよう」妥協とも思える父親の一言、「結婚とは妥協の繰り返しだ」黙りながら苦悩する父の背中が小さく感じた同時に一つの夢が壊れた、「娘が大きくなればこの教会で結婚させてあげたい」という夢が脆くも崩れ去った。

今考えると父親が可哀想だ。そして数日後、彼氏は決断した「やはりチャペルで式を挙げたい、周囲の皆様に祝福されたい」その思いがお義母さんに通じた結果、結婚する互いの意見を尊重すると言う形で騒動は終わった。

彼氏自身の意見で親を説得させた事は彼自身の生きる礎になるでしょう。

しきたりに任すか個人の意見を尊重するか?

教会で結婚式

結婚式を挙げるまで順風満帆のように思えても当事者たちは苦しい思いをする事はあって当然でしょう、細かい部分になればなるだけ厄介な事に発展します。

義理の関係は一度もつれると修復に時間がかかり考え方の違いや生活の違いで些細な部分でどうしてもギクシャクします。今回の要点は彼氏側のしきたりに任せてしまうかそれとも恋人同士の意見を尊重するか?

何もかもを決めつけて考える中高年者の意見は時として時代錯誤するので傾聴する格好で参考程度で聞く姿勢が望ましいです。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

LINE B!はてブ

関連記事

  1. 【できちゃった結婚】おめでた婚の時の報告とプラン

  2. 幸せってなに!?女性にとって結婚とは…

  3. 結婚にはいくら必要?結婚前に知っておきたいお金のこと

  4. 後悔しない結婚式場選びとは!一生に一度の結婚式のために

  5. 結婚式を挙げる前に知ってほしい4つのモラル

  6. 親に結婚の意思を報告する時のポイント

  7. マリッジブルーになる5つの理由

  8. 結婚祝いの贈り物に大人気の化粧筆や高級石鹸について

  9. 【ご両親に結婚の挨拶】正式に結婚の許しを得る!

【出産祝い人気1位】

【結婚祝い人気1位】



最近の記事

Pick up

  1. 内祝い送るタイミングと届け方
  2. ネット上の情報を活用して内祝いを選んでみる!
  3. 後悔しない結婚式場選びとは!一生に一度の結婚式のた…
  4. 宗教の違いで両家がもめる?結婚式にありがちなトラブ…
  5. 幸せってなに!?女性にとって結婚とは…
  6. 結婚式を挙げる前に知ってほしい4つのモラル
  7. 生活雑貨などを内祝いに贈ろうと考えている方へ
  8. 内祝いに伝統工芸品などの記念品をプレゼントする!
  9. 【婚約スタイルのいろいろ】結納はどうする?
  10. 【できちゃった結婚】おめでた婚の時の報告とプラン

ribon-sekken

ribon-sakurahude



人気記事

京都二葉葵

子育て相談

PAGE TOP