オススメのピックアップ記事

結婚にはいくら必要?結婚前に知っておきたいお金のこと

結婚するにもお金は必要!

今、独身のあなたでも結婚を考え始めると、

「結婚するまでにいくら貯金があればいいのかな?」

と考えたことはあると思います。

男性の中には、結婚はしたいけどお金がないから

プロポーズができない、という人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、結婚までにいくら貯めておいた方が良いのか、

について。

ただ、結婚前の貯金額といっても、

結婚式はするのか?披露宴をどうするのか?

新しい新居を構えるのか?親からの資金援助はあるのか?

など様々な状況によって変わってきます。

また、結婚にかかる費用は自分たちの問題だけでなく、

両家の考え方も大きく影響するということをご存知でしょうか。

例えば、新居にかかる費用は新郎の両親が負担をする。

家具などに関しては新婦側の両親が負担する、など。

お金の話はしずらいかもしれませんが、

とても大切なことなのでしっかりと話し合う必要があります。

今回の場合は、標準的な費用感でご紹介させて頂きます。

また、結婚式の費用負担に関しては夫婦で折半することを

想定しております。

 

結婚式、披露宴、新婚旅行 150万円

ゼクシィの調査によると、

結納、指輪、挙式、披露宴、新婚旅行の総額が「469万円」。

披露宴などでのご祝儀「232万円」。

差し引きすると「237万円」が実質費用となります。

(あくまで平均値から算出しております)

ただ上記のデータでは親族からの事前支援金が含まれており、

167万円の資金支援があった場合の計算となっています。

しかし、親からの資金援助をあてにしすぎるのは危険です。

結婚式、披露宴、新婚旅行でおおまかに300万円は必要と

考えておいた方が良いでしょう。

ひとりあたり150万円の資金が必要になります。

新生活の準備資金 50万円

次は新婚生活にかかるお金の話。

新婚生活の準備にかかった費用は平均で72万円となっています。

家具の購入40万円、家電の購入32万円となっており、

新婚生活をはじめるのにもお金が必要なことがわかります。

一人暮らしで使っていた家具を使ったり、親と同居をする場合は、

かかるお金は変動しますが、やはり新婚生活の準備資金としては、

100万円あれば安心できると思います。

ひとりあたり50万円ずつ準備するようにしましょう。

 

新生活の予備資金 50万円

結婚直後から、無貯金生活は厳しいですので、

いくらかの予備資金は準備しておきましょう。

100万円ほどあれば、2、3ヶ月は生活できますので、

ひとり50万円の準備をしておきましょう。

【次ページ】結婚する前に準備しておきたいお金の同額は?

ページ:

1

2

この記事が気に入ったらシェアしよう!

LINE B!はてブ

関連記事

  1. 【結婚したい女性必見】男性はどんな時に結婚したいと思うのか?【10選】

  2. 親に結婚の意思を報告する時のポイント

  3. 【婚約スタイルのいろいろ】結納はどうする?

  4. 【ご両親に結婚の挨拶】正式に結婚の許しを得る!

  5. 結婚祝いの贈り物に大人気の化粧筆や高級石鹸について

  6. 【結婚する?】結婚前にカップルがすべきこと5つのこと

  7. 京都の和婚が大人気!!その理由とは?【結婚式】

  8. 【ご両親に結婚の挨拶】訪問時に守りたいマナー

  9. 幸せってなに!?女性にとって結婚とは…

【出産祝い人気1位】

【結婚祝い人気1位】



最近の記事

Pick up

  1. 内祝い送るタイミングと届け方
  2. ネット上の情報を活用して内祝いを選んでみる!
  3. 後悔しない結婚式場選びとは!一生に一度の結婚式のた…
  4. 宗教の違いで両家がもめる?結婚式にありがちなトラブ…
  5. 幸せってなに!?女性にとって結婚とは…
  6. 結婚式を挙げる前に知ってほしい4つのモラル
  7. 生活雑貨などを内祝いに贈ろうと考えている方へ
  8. 内祝いに伝統工芸品などの記念品をプレゼントする!
  9. 【婚約スタイルのいろいろ】結納はどうする?
  10. 【できちゃった結婚】おめでた婚の時の報告とプラン

ribon-sekken

ribon-sakurahude



人気記事

京都二葉葵

子育て相談

人気子供服

PAGE TOP